≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ちょっと今から仕事やめてくる」 著:北川恵海

「この本に出てくるヤマモトが、まりもに似ててムカツク(笑)」という一筆箋と共に、
友達から唐突に贈られてきたこの本。
荒削りですが、とても心を打ったので紹介します。

まず最初に。
涙もろい方、辛い経験のある方は、病院の待合室や電車の中でこの本を読んではいけません。
帯に「スカっとできて最後は泣ける」と書いてありますが、
最後どころか、私は半ばあたりからずっと泣きっ放しでした。(^^;

ブラック企業での激務と暴言に追い詰められた主人公が、
無意識に線路に落ちそうになるところからこの物語は始まります。
主人公の命を救った偽同級生ヤマモトは何者なのか?というミステリも含みつつ、
生きてく上で本当に大切なものは何か、教えてくれる本です。
今現在、生きていくのがしんどいと思っている人にはぜひ読んで欲しい。

重いテーマなのに読みやすいよ。
発注トラブルの件は、それはないでしょいくらなんでもwって突っ込みたくなるけれど、
まぁそれはおいといて・・・

この本は、追い詰められて物事を上手に考えられなくなってしまった人達に、
打開のヒントを与えてくれる本だと思います。
辛すぎて身動きがとれない方は、是非読んでみて。

私も同じことを言いたくて小説を書いているけれど、
どうしても重くなっちゃうんだよなぁ。。。(悩)

この本を読んで、
カウンセラーの端くれとして、
関西弁っていいなぁって、ちょっとうらやましく思いました。
ヤマモトのように、初対面であんなに距離を縮められるのは、関西弁ならではだよね。

そして、
友達の言いたかったことも分かりました(^^;
確かに、似てるね。良い意味でも、悪い意味でも。(^^;

苦言を呈してくれる友達は貴重な存在だけど、
自身の傲慢さが分かって、穴があったら入りたい気持ちになりました。(^^;

ヤマモトの立場に立ってこの本を読むと、
結末が嬉し過ぎて号泣します。。。
スポンサーサイト

| | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学校に行くのが苦しいあなたへ

私も学生の時、長期休み明けがすごく憂鬱でした。
もうすぐ、学校に行かなければならない。
また、耐え続ける日々が始まる。
耐え続けられるだろうか。。。

私も、自殺を考えました。
未遂に終わって、今、生きています。

今、同じような心の重みを抱えている子供たちが、
いったいどのくらいいるだろうと想像すると、胸が潰れる思いです。

あの頃、私の居場所はありませんでした。
家庭は不和だった。学校では人格を否定されるようないじめを受け続けた。
私を必要とする人間なんてどこにもいないと思ってた。

でもね。

大人になったから、見えるようになったことがある。
信じられるようになったことがある。
それを、今辛い思いをしているあなたたちに伝えたくて、
私はいじめ相談員を続けてきました。

あの頃、生きていく場所が無いって思ってたけど、
知らなかっただけで、学校や家以外にも、居場所はあったんだ。
もし、あの時本当に私が死んだら、
心から悲しんでくれる人が、ちゃんといたんだ。

1番大事なのは、あなたの命を守ること。
あなたの心を守ること。

学校に行けないのなら、行かなくていい。
勇気を出して、学校に行くのが死ぬほど辛いって、親に話してごらん。
親が受け入れてくれなかったら、かわりに話してあげるから。

あなたは今まで充分頑張ってきたのだから、
自分を守ってくれるシェルターで、ゆっくり心を充電しよう。
心が充電できたら、また歩き出せるから大丈夫。

大人になったら、居場所は自分で作ることができるよ。
生き方を、自分で選ぶことができるよ。
辛いこともあるけど、嬉しいこともいっぱいあるよ。

今、死んでしまうのはもったいない。
あなたが生き続けていけるように、私達相談員も精一杯力を貸すから・・・

生きて。

| メッセージ | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「流星ワゴン」 第8話

  お前を守れるなら それでも(逮捕されても)いい

子供達を守れるなら、誰かに嫌われても、罵声を浴びせられても構わない。
私もそう思いながらいじめの相談員をしています。
そんなものはどうでもいい。私は子供の笑顔が見たい。

誰かを守りたい。何かを叶えたい。
どんなに強く願っても、それが叶う時もあるけど、叶えられないことの方がずっと多い。
でも。
強く想ってなした行為は、決して無駄にはならないよね。

もしかしたら方法が間違ってるかもしれないけれど、
それでも、叶えるために行動することって、大切なんだよね。


毎回涙を溢れさせながら見ています。
今のクールで1番好きなドラマです(^^)
どんな結末を迎えるのか・・・楽しみだけど・・・タオルとティッシュ用意して見なくちゃ(^^;

| ドラマ | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッカー静岡ダービー前日

複雑。。。

私はエスパルスサポーターです。
だから当然、エスパルスに勝ってほしい。少しでも上に登ってほしい。

でも、もしかしたらジュビロに引導を渡してしまうかもしれない、
明日の試合。
想いはとても複雑です。

静岡の2チームが栄華を極めていた1990年代後半、
エスパルスにとって、ジュビロは常に目の上のたんこぶでした。
ドゥンガがいた頃の、
引き返す波のようなジュビロのサッカーは本当に強かった。

あのジュビロが崖っぷちに立たされるなんて、
思ってもみませんでした。

エスパルスも、明日は我が身なのですが。。。

低迷していた今シーズン前期に、
監督を替えることで再起を図ったジュビロと、
監督が方針を変えることで立て直しを図ったエスパルス。

チームが強くなっていくには、
選手だけではなく、フロントの見極める力も必要なんだよね。

明日の試合。
どっちが勝っても、引き分けでも、
私は悲しいですが。

エスパルスも、ジュビロも、悔いのない試合をしてくれるように。
心から願っています。

| サッカー | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「世界の村で発見!こんなところに日本人」

金曜日にテレビ朝日で放送されているこの番組を、毎週楽しみにしています。
人それぞれ、様々な事情があるけれど、
人間ってみんな、一生懸命生きてるんだよねって、
この番組を見るとしみじみそう思います。

中国のモンゴル自治区で、残留孤児となった女性。
ソ連軍に追われ、逃げる時に兄弟が殺され、
日本の軍人に自決しろと言われ、母が妹を刺して自死した。
ひとりぼっちになった7歳の子を救ってくれたのは、中国人だった。
日本人の子を育てたことで非難を受けても、
養父母は子供を守り続けてくれた。

戦争を体験した方の言葉を聞くと、
決して戦争を起こしてはならないと、改めて強く思います。

「周りの中国人は、日本人の私に一切嫌なことをしなかった。」
逆の立場になった時に、私達は、日本という国は、
同じ事が出来るでしょうか?

国民である前に、私達は人です。
国や人種や宗教に関わらず、
目の前に困っている人がいて、自分にできる事があるのなら、
迷わずそれを行動に移せる人間でありたい。
心から、そう思います。

| TV番組 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。