2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エスパルス絶好調!

清水エスパルスが、優勝争いをしている2チーム
(川崎フロンターレとガンバ大阪)に、たて続けに勝ちました!

前節フロンターレ戦は、日本平スタジアムで生観戦。
完璧な勝ちで、最高の時間を過ごしました。

今日のガンバ戦も行くつもりだったのですが、
先週精神バランスを崩した後遺症で、
出かけることができませんでした。(涙)
静岡県から引越してしまったし、スカパーのアンテナを置けないので、
仕方が無いからオフィシャルHPの文章中継を観戦。
&スポーツニュースで大好きな枝村のシュートを録画。(^^)

文章での観戦って寂しいなぁ。
でも、勝ったからいいや。(^^)

エスパルス、絶好調です。
アジアのチャンピオンを争っているチームに、完璧に勝ったもの。
素晴らしい!!

この勢いで、ナビスコ杯優勝だ!!!

来週は何があっても国立競技場に行きます。
スポンサーサイト

| サッカー | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「容疑者Xの献身」

見ている途中で、無性にスキーに行きたくなったまりもです。(^^;
 → 思わず失笑された方は、以下も読んでね。(^_-)
   (???)って思った方は、映画を見てから読んでね。(^_-)

≫ Read More

| 映画 | 00:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F1日本GP

行ってきました“富士スピードウェイ”(^o^)

優勝争いが激しくなってくる日本GPは、
波乱の戦いになることが多いけど、
今日は想像以上に波乱だらけのレースでした。

いったい誰がアロンソの2連勝を予想したでしょう?(^^;
ポールポジションを見たら、誰だって、
(ハミルトンにフェラーリ勢がどこまで立ち向かえるか?)
って思うよね。(^^;
面白かったぁ。

2位のクビサと3位のライコネンの終盤のデッドヒートも凄かった。
(あんな争いをしてたら、タイヤが駄目になっちゃうんじゃないかな)
と思ったけれど、流石F1ドライバー。
私はフェラーリファンゆえライコネンを応援していたので、
何回も抜こうとしたのに結局抜けなかったのは、ちょっと残念。
でも最初にハミルトンに接触されてから、
3位まで順位を上げたんだから凄いよね。

それからマッサ。
2度の接触と、ペナルティにも関わらず、
執念で果たした8位入賞は素晴らしいです。
ですが・・・強引な抜き方で、とても怖かった。(^^;
若さだなぁ。お願いだから、怪我しないでね。

中嶋一貴も、いきなりの接触からなんとか復活して、
しっかり完走してくれました。(^^)

マッサが1ポイントを取り、ハミルトンが取れなかったことによって、
最終順位はまだまだ分からなくなりました。
今後も目が離せないぞー。マッサ頑張れ!

| 未分類 | 23:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「グーグーだって猫である」

私は原作者の大島弓子さんの大ファンで、
だから映画化されることは知っていても、イメージを壊されるのが怖くて
観るのは止めようと思っていたのですが・・・
くりにゃーさんのブログを見たら映画を観たくなって、観に行きました。
公開最終日。ギリギリセーフ。(^^;

原作は、漫画の形をとった、大島さんの自伝です。
私は初めて原作を読んだ時、サバの死にショックを受けて、
第1巻からなかなか読み進められませんでした。
ちょっと大げさな部分もあって、ひく人もいるかもしれないけれど、
(猫好きってこうだなぁ)って、らしさがよく描かれています。

映画の話。
小泉今日子さんの役者としての実力は
「踊る大捜査線2」で見せつけられました(怖かった(^^;)が、
期待を裏切らず、素晴らしい演技でした。

でもって、グーグーがほんとかわいい(^^)
(なでなでした~い)って、画面に擦り寄ってしまいそうになりました。

話は、完全に原作通りではなかったけれど、大筋は原作に沿っていて。
猫と暮らす話だけじゃなくて、
生きることと死ぬことだとか、重い病気と闘う背景も、しっかり描かれていました。

散々迷った挙句にやっと観た作品ですが、観て良かったです。(^^)


大島さんの猫の漫画といえば、「綿の国星」。
こちらはファンタジーですが、私はこの本が大好きです。
興味のある方は、読んでみてね。(^_-)

あとは、「毎日が夏休み」と、「ダリアの帯」が特に好き。
好きな作品を書き出すときりがないので、この辺でやめときます。(^^;

| 映画 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「風のガーデン」 第1話

「北の国から」と共に成長してきた私にとって、
倉本聰さんは好きな脚本家の中でも特別です。
ということで、このドラマはとても楽しみにしていました。

“人は 最期に何処に還るのか”
重いテーマだなぁと思うけど、その重さが倉本さんらしいですよね。

第1話の内容よりも、次回予告が心に突き刺さりました。
「生きているものは、必ず死にます」
・・・このセリフを、緒形拳さんはどんな想いで口にしたのでしょう。
ドラマを楽しみにしていた中での、突然の訃報に、
びっくりして、暫く何も手につきませんでした。
役者を続けるために手術を拒否したことも、
癌と闘いながら、末期癌がテーマのこのドラマを演じたことも、
強靭な心と意志がなければ出来ない事だと思います。
本当に素晴らしい役者、素晴らしい人ですよね。
ご冥福をお祈りします。

番宣で主演の中井貴一さんが、
「見終わった時、心を揺さぶられるドラマです」と仰っていました。
今後の展開が楽しみです。

 余談ですが・・・
 神木隆之介くんの声が「あいくるしい」の時と比べて
 大分低くなっていることに驚きました。
 子供の成長って早いなぁ。(^^;

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| ドラマ | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「キャットストリート」最終話

自分はみんなと違う。
自分は人より劣っている。
心に決定的な傷を負った時、
そういう風に考えてしまう事が多い。

けれど本当は、誰にだって欠点がある。
あなたの欠点が事実だとしても、
あなただけが劣っている訳ではない。
本当はみんな、同じなんだよ。

いじめ・引きこもりから立ち直るために、必要なものは何か。
このドラマは明確に伝えてくれました。
己の傷に突き刺さって血が出たけれど、
ドラマを見て良かった。

痛みを分かろうとしてくれる人がいる。
駄目な自分も受け止めてくれる人がいる。
崩れそうな時、心配してくれる人がいる。
そんな宝物を抱きしめて、私も立ち上がれました。

人間は決して独りじゃない。
諦めないで、存在を肯定してくれる人を、場所を、
求め続けよう。

今、苦しんでいる子供達が、
このドラマのように、
それぞれの個性を大切にしながら、
幸せを掴めますように。

| 未分類 | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清原選手、ありがとう

私はかつて、西武ライオンズ・特に清原の、大ファンでした。
よく野球を観に行っていた頃、1番楽しみにしていたのが、
近鉄の野茂選手と、西武の清原選手の対決でした。

あの頃、私に沢山の元気と勇気を与えてくれたお二人が、
引退されてしまったのは、とても寂しいです。

清原選手、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

| 未分類 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。