2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生きがい

20時頃、PCをつけた途端に忙しくなりました。
本音で意見を求められることが、こんなに多い日って、中々無いかもしれない。
って言うくらい、メール等がいくつもあって。

だけど、相手のことを真剣に考えているこんな時間が、
私は1番好きです。
そして、私が言ったことがきっかけじゃなくても、
悩んでいる人が高い壁を乗り越えられた時、
その笑顔を見られた時ほど、幸せなことはありません。

「まりもさんの生きがいって何ですか?」って聞かれた時、そう思いました。

望まれて、応えることができる。・・・人生の醍醐味だと思います。
プライベートでも仕事でも、私は今、それが得られています。
幸せです。(^o^)
スポンサーサイト

| メッセージ | 00:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コブクロ "CALLING"ツアーファイナル

行ってきました!最高でした!!
どの公演も感動するけれど、やっぱりファイナル公演は、格別です。
実感しました。

・・・ファイナルだから、思いっ切りネタバレできるのがいいよね。(^^;

CDで聴いた印象が、ライブで生で聴くことで、ガラッと変わることがあります。
今日のライブでは、「To calling of love」がそうでした。
凄い!の一言に尽きる。
2人の、伝えたい思いの深さ&大きさを、痛いくらい感じました。
曲が終わった後、いつまでも、いつまでも、ずーっと拍手が鳴り止まなかった。
(素晴らしい!)って思いを、どうにかしてコブクロの2人に伝えたい。
私もそんなオーディエンスの1人として、手が痛くなるくらい拍手を続けました。

CDやDVD(ブルーレイ?(^^;)では決して味わえない、
伝えたい思いと、受け取りたい思いが生んだ、心と心の交流。

ライブ中、何回も、心が大きく震えました。
でもそれだけじゃなくて。
今日のライブは、MCがとても面白かったです。
あんなに大声で何度も爆笑したことって、今年あっただろうか?(^^;
笑うこと、楽しい時間を過ごすことって、大事だよねー。
日頃のストレスなんてどこかに行っちゃいました。(^^)v

私がコブクロを好きなのは、MCや歌詞の端々に、優しさが溢れているから。
お互いを尊重し、思い合い、思いやっているのが、ライブを見ると伝わってきます。
「黒田の声が好きだ」って、ストレートに何度も口にする小渕さん。
相手を良いと思う気持ちを、あんなに素直に言えたら、素敵だよね。
(あんな人間関係いいなぁ。羨ましいなぁ。)って。
私もそういう関係を築きたいって、ライブに行く度に思います。

「赤い糸」を初めて聴いた時、ショートショートの小説みたいだなって思いました。
実は、モノカキ心が刺激されて、
以前、この曲を元に恋愛小説を書いたことがあります。(^^;
"信じて待つ"ことって、とても深い愛情だと思います。

トリは、想像通り「時の足音」でした。
私はこの曲の歌詞が大好きです。(特に後半部分)
人との出逢いが、どんなに素晴らしく、大切なものなのか。

『出逢えて 良かった』という言葉でライブを締めくくってくれた、コブクロに。
そして、素晴らしい時間を共有できた、みんなに。
壮大な時の中で命の時間が重なり、関わりを持ってくださっているみなさんに。

心から、ありがとう。


---
追記
ブログ書き終わって、閉じる前にメールチェックしたら、
コブクロのお2人から「ありがとう」のメールが届いていました。
ライブ終わって疲れてるのに。
なんてファン想いの人たちなんだ。(涙)
感動で眠れないかも。


-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ

| 音楽 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国の射撃場火災について

今月14日の、韓国の射撃場火災による日本人の死者が、
10名になったというニュースを、先程目にしました。

同年代の人が大勢犠牲になってしまったこのニュース、
一報を見た時も時が止まったように思えましたが。。。

同級生みんなで楽しく出かけた旅行で、
友達はみんな亡くなってしまって、
たったひとり生き残った方の心中を思うと、言葉がありません。

火災で亡くなった、
日本人10名、韓国人3名の方のご冥福をお祈りいたします。

| ニュース | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大切にしたいこと

「まりもは人に嫌われても平気なの?」
そう問われて、絶句しました。

嫌われて平気な人なんている?
私は怖いよ。
嫌われたくないよ。
いじめられていたから、ひとりぼっちだったから、誰よりもそう思うよ。

だけどね、
そのために、自分自身を偽ろうとは思わない。
本当はこう思っているのに、嫌われないために取り繕ったりはしない。

偽りの自分で、人と繋がっていたってしょうがない。
私は、本音で付き合える人間関係を持ちたい。

---
自分の行動や言動の、最終決定をするのは自分自身。
誰かのアドバイスを聞いたとしても、最後に決めるのは自分なのだから。
結果がどうなっても、受け止めるべきでしょう。
“責任主体”
それができないような人間にはなりたくない。

---
ここ数日、団体の中で揉めに揉めて、体重が一気に増えました。(えっ(^^;)
悩みまくったけれど、己が揺らがなかったし、
日常生活や仕事に支障をきたさなかった(と思う)。

少しは私も強くなっているのでしょう。(^^)
ということで、明日も仕事、頑張ります。

明日は、コブクロのファイナルライブ!
楽しみです。(^o^)
(でも今の私の心境にぴったりなのは、ミスチルの【es】かな。(^^;)

| メッセージ | 22:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甥っ子が生まれました

待ちに待った甥っ子誕生のお知らせが届いて、
実家にすっとんで行きました。(^o^)

3645gで生まれた甥っ子です。
CIMG2924.jpg
義妹さん、お疲れさま。
なにより、無事に生まれて良かったです。

私は両親に孫の顔を見せてあげることができません。
でも、弟夫婦が、私の願いを叶えてくれました。
この日をどんなに待ちわびたことか。。。
本当に感謝しています。どうもありがとう。

甥っ子の将来に、幸多かれ!

| 未分類 | 21:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ハッピーバースデー」

今晩21時から、フジテレビで「ハッピーバースデー」というドラマが放送されます。
多くの人に見て欲しいので、始まる前にブログを書きます。

私はこのドラマの原作を初版で買い、今までに何度も読みました。
話の展開がソラで言えるほどなのに、未だに読むと涙が止まりません。

お母さんに愛してもらえない、認めてもらえない辛さ。
子供を愛することができない辛さ。
上手に築くことができなかった絆を、取り戻そうともがく家族の物語。

家庭の中で心の痛みを感じながら育った人間は、
痛み無しでは見られない本&ドラマです。心が凄く痛いです。
でも、だからこそ、多くの人に見て欲しいと私は思います。

子供の立場で辛い思いをした人は、親の立場を想像しながら見て欲しい。
親の立場で苦しんでいる人は、子供の気持ちを想像しながら見て欲しい。

人間関係の問題は、自分の立場だけしか考えられないうちは、
なかなか解決できないと思います。
(相手も辛かったんだ。)
そう思えて初めて、ありのままを受け止められるようになる。
相手を許せるようになり、
悲しみや喪失感が癒えて、自分も楽になります。

この本はノンフィクションではなく創作ですが、本当に良い本だと思います。
ドラマ化して欲しいって、ずっと思っていました。

きっと、今日の夜は、涙をボロボロ流していることでしょう。(^^;

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| | 00:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルス!

私はジブリアニメが好きですが、
その中でも「天空の城ラピュタ」は、1番数多く観た作品です。
かれこれ20回以上は観ております。
DVDも持っています。
にもかかわらず、今日TVでまた観てしまいました。(^^;

最初観た時は、宮崎駿監督のいいたいことが、全然分からなかったんだよね。
何でラピュタを滅ぼさなければならなかったのか。
卓越した科学技術を持っていながら、
なぜ、“土から離れては生きていけない”という結論になるのか。

分からなかったから、何度も観ました。
そして、観る度に発見がありました。
その時々の心の状態によって、同じ作品を観ても、
その度ごとに感じる事が違いますよね。

「バルス!」は滅びの呪文となっているけれど、
壊すことで生まれる明日もある。

ラピュタが、屋上庭園の部分を抱いたまま天に登ったように。
ドーラ達が、どんな状況であっても海賊であり続けたように。
自分の悪い部分は壊し、
良い部分は残し、
あくまでも自分であり続ける。
そんな人間に、なれたらいいね。(^^)

| 映画 | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アンビリバボー」-生存率0の4歳児-

何でこんな目に遭わなければならないの?
神様にそう言いたくなる様な過酷な現実を受け入れなければならないことが、
人生にはあります。

「あなたの子供はがんで、再発した場合の生存率はゼロだ」と、告げられたら。
もし私だったらと思ったら、食事の箸が止まってしまいました。
希望を失わず、支え続けた両親は凄い。

生体肝移植手術が終わった時、
「お母さんの体に傷をつけてしまった」と泣いた祐典くんはもっと凄い。
涙が止まりませんでした。

祐典くんと両親を支えたハンター・アダムス (パッチ・アダムス)。とても尊敬しています。
ロビン・ウィリアムス主演の映画で存在を知り、著書を読み、講演会にも行きました。
『健康になるためには、まず幸せになることである。』
自らクラウンになり、世界を周り、世界中の患者の心を癒しているお医者さん。

私も彼のように、誰かを笑顔にできるような人間になりたい。
映画を観た時に心に強く宿ったその想いは、今も私の心に生き続けています。


-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| TV番組 | 22:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ワンステップ!」

今、私達に何ができるのか

日曜夜23:30~TBSでやっている、「ワンステップ!」という番組が大好きです。
(↑は、番組のキャッチコピー。)
誰かのために何かをしたいという若者が、番組に応募し、
様々な企画に臨んでいく。

先週と今日は、美容師のいない島に、新米美容師が行って、美容院を開く
というものでした。

美容師としての腕は確かだけど、客との会話が上手にできない苦悩が、
人とのコミュニケーションが苦手な私は、身に詰まされました。
みんな、落ち込み、悩み、考えて、1歩ずつ進んでいくのよね。

この番組のテーマ曲は BANK BAND の「糸」(原曲は中島みゆき)ですが、
私はこの番組を見ると、いつもミスチルの「彩り」が頭に浮かびます。
私達が行っていることが、誰かを笑顔にする可能性を秘めているということを、
この番組は教えてくれます。

誰かのために何ができるか考え、実行に移すことで、自分が成長できるということ。
自分のしたことで、誰かが笑顔になるってことが、どんなに幸せなことなのか。

私も、人を笑顔にできるような人間になりたい。
そういうように、生きていきたいって思います。

不況で大変だろうけど、TOYOTAさん頑張って、この番組を末永く続けてください。

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| TV番組 | 00:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆず 「FURUSATO」 in 横アリ

久しぶりに、ゆずのライブに行ってきました。(^o^)

実は、このツアー、チケットが取れずに諦めていたのですが・・・
今朝、友達から「連れが体調不良で行けそうもないんだけど、行く?」とメールが。
私も前夜に熱が出て寝込んでたのですが、熱なんて吹き飛ばしました!(笑)

ライブ最高でした!としか書けないところが辛いっ。(^^;
いろいろ書きたいんだけど、まだツアー始まったばかりだものね。
友達と、「最初に何を歌うと思う?」って話してたんだけど、2人ともハズレ。(^^;
まさかあの曲から始まるとは。(^^)

大好きな新曲、「虹」を生で聴けて、涙が出てきました。
生きているといろんな事が起こるけど、越えていこうよ、越えていけるよって、
ゆずの2人から、勇気を沢山もらいました。

アルバム曲も良かったけれど、
ゆずヒストリー(過去の映像と共にメドレーで昔の曲を歌った)で、
私が1番最初にゆずのライブに行った頃の曲を歌って、
なつかしかったです。(^^) あれからもう10年かぁ。

今回のライブは開演が16時だったので、帰りがとても楽でした。
これくらいの時間にやってくれれば、1泊しなくても伊豆の実家に帰れていいな。
みんなそうならないかなぁ。

帰ってきたばかりですが、また行きたい!って思うライブでした。
来年の追加公演取れるといいなー。
(もし取れたら、今度はいちごの振り付け覚えてから行かなくちゃ。(^^;)

---
明日の「徹子の部屋」に、北川君が出演するそうです。楽しみ。(^^)

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ

| 音楽 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゴールデンスランバー」映画化!

ネットのニュースにて、
伊坂幸太郎さんの本「ゴールデンスランバー」が映画化され、
来年1月末に公開されることを知りました。

しかも主役の青柳を演じるのは境雅人!
音楽監督が斉藤和義。
元カノの樋口は竹内結子、追う警察官は香川照之、お父さんは伊東四郎。
キャスティングを見て、(ああ、原作を読むんじゃなかった!)と思いました。(^^;
だって・・・どうせなら、
(青柳はどうなるんだろうか)ってドキドキしながら映画を観たいじゃない。(^^;

でも、どんなに名演技でも、原作の面白さは超せないだろうとは思います。
あの文章構成の妙は小説ならではで、
映画化する場合は第1~3章はカットするしかないだろうし。
時間の交錯をそのまま映画にする訳にはいかないだろうし。

それでも。
ただの陰謀と逃走劇では終わらせない、
この小説の1番の魅力である“絆”と“信頼”を、
この名俳優達は完璧に演じてくれるのではないかと。
そう思ったら、やっぱり楽しみです。映画化。

 注:以下数行、結末のネタバレになるかもと思って、後で削除しました。
   もし読んでしまった方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。

原作の中で1番好きなところは、マスコミに対するお父さんのセリフです。
それは是非、そのまま使って欲しいなぁ。(^^)

| 映画 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GOING UNDER GROUND 「トワイライト」

先程ラジオで流れた GOING UNDER GROUND の新曲を聴いていたら、
数日前に職場の人に「GOING UNDER GROUND ってどんな曲歌う人達だっけ?」
と聞かれた事を、思い出しました。

私は歌うこともカラオケも大好きだけど、
不意打ちで聞かれて口ずさめないんだよねー。恥ずかしがりで。(^^;

という訳で、ブログを見てくれているかは分かりませんが、折角思い出したので。
私が GOING UNDER GROUND の曲の中で1番好きなのはこれです。↓
「トワイライト」(歌詞PV

PVは初めて見たんだけど、ストーリー仕立てなんだね。
これぞ青春!って感じの、素敵なPVです。

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ

| 音楽 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。