2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲリラ豪雨への備え

先日、途中で中止になった隅田川花火大会に行っていた友達が、
ゲリラ豪雨に打たれて風邪をひき、こじらせてしまいました。
皆さんは大丈夫ですか?

私は今までに2回、ゲリラ豪雨に遭ったことがあります。
1回は、実家近辺で運転中。
何とか実家まで帰ったものの、豪雨が凄くて玄関まで行けず、
車の中で十数分間、小降りになるのを待っていました。

そして、忘れもしない。
2008年9月に新潟県長岡市で開催された夏フェス「音楽と髭達」。
非常に怖い思いをしたので、鮮明に覚えています。
丘の斜面でシートを広げてステージを観ていたので、
中止が報告され、退場する時には、
上から雨水が荒れ狂う川のように流れていました。
くるぶしの上まで水が溜まっていました。
あの時私は、友達を守ることしか頭になかったなぁ。。。
周りの人に助けられて、駐車場に着いた時、
ミスチルを見れなかった喪失感よりも、
安堵感の方が大きかったです。

昨日の山口県萩の老人ホームは、
水を防ぐのではなく、逆側を開けて通り道を作ることで、
入居者の命が守られたそうです。

地球の温暖化を進めてしまったのは私達。
これからは、ゲリラ豪雨に対する心構えを、
私達は常に持っていなければならないのかもしれません。

あれ以来、私は夏フェスや、都会に出かける時は、
晴雨両用傘と雨合羽を必ず持ち歩いています。
(雨合羽は低体温症の予防にもなるんじゃないかな?)

川のそばに住んでいる私は他人事じゃない。
いざという時にどう行動したらいいのか、
ニュースを見て、しっかり考えようと思いました。
スポンサーサイト

| ニュース | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「題名のない音楽会」…さだまさしの曲創り

今日の「題名のない音楽会」はさだまさしさんということで、
楽しみにしていました。

父がファンで書斎でレコードがよくかかっていたため、
私も子供の頃からさだまさしの曲をよく聴いています。


「北の国から」
倉本聰さんにドラマの映像を見せられ、その場で曲を作れと
言われたことは知っていましたが、
どのように作っていったか、具体的に語ってくれてとても面白かったです。
急に全部浮かんだんじゃないのね。(^^)

私はこのドラマの兄弟と一緒に育ってきました。
ドラマが終了した時は、何も手につかない程の喪失感がありました。
ベータビデオに録画してたから、今は手元にありません。
また観たいなぁ。


「道化師のソネット」
実話を元にした「翔べイカロスの翼」。観ると号泣してしまう私です。
そのテーマ曲であるこの曲が、音神が降りてきたと語られ、得心しました。

この曲を聴くと私は親友を思い浮かべます。


「風に立つライオン」
歌を聴いているだけで、壮大なアフリカの自然が思い浮かぶこの曲。
それが編曲の渡辺俊幸さんの力だと、今回初めて知りました。
渡辺俊幸さんは、大河ドラマ「利家とまつ」や倉本ドラマ「優しい時間」の
音楽を創った人。
アレンジの力って凄いですね。(^^)


「雨やどり」
この曲は、中島潔さんの絵からインスピレーションを得たそうで、
番組で絵も紹介されましたが・・・
この絵からなぜこの歌詞が生まれるのか、凡人にはさっぱり(笑)。


ちなみに番組では取り上げられませんでしたが、
私が1番好きなさだまさしの曲は、「しあわせについて」です。

| 音楽 | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ再開します

みなさま、お久しぶりです。
ずっとブログをほったらかしでごめんなさい。
久々に、ブログを再開しようと思います。

取り敢えず、mixiに書いていた日記を掲載時の日付でコピペしますので、
よかったら読んでね(^_-)

| 未分類 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。