PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「風林火山」

戦乱の時代、命をかけて戦うことと、調略によって城を落とすこと、
どちらが正しくてどちらが非道なことなのかは、価値観によって違いますが、
失う命を少なくとどめ、頭を使って戦に勝ち抜いていった
武田晴信(信玄)と山本勘助の本を読むのが、昔から好きでした。
(勘助は小説上の人物で実在しなかったのではないかとか、
武田を動かしていたのは晴信じゃなくて重臣達だったのではないか
等の説もありますが・・・(^^;)

由布姫のためだと信じた道なら、
自分が悪者になっても構わず、突き進む。
TVを見ながら感動していたら、
「勘助ってまりもみたいな人だったんだね」って、友達からメールが来ました。
久方ぶりに、嬉し泣きをしてしまいました。

大河ドラマの原作、井上靖の「風林火山」の小説の中で、
由布姫は重要な位置を占めています。
「甲陽軍鑑」ではそうではないんだけどね。(^^;
だから、役者が下手だったら嫌だなぁと思っていたのですが、杞憂でした。
柴本幸さん、うまい!(^^) 意思を込めた目が素敵です。
先の展開を楽しみにしている人もいると思うので、詳しくは書きませんが、
由布姫の人生って凄いですよね。
嵐のような運命に翻弄されながら、
どういう気持ちだったんだろうなぁって想像すると、胸が痛くなります。
だから、井上靖はこういう小説を書いたんだろうなぁ。

-----
ランキングに参加しています。
投票(クリック↓)お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

| サッカー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/193-4d7074ed

TRACKBACK

風林火山~第17話・悪役!

風林火山ですが、山本勘助(内野聖陽)は由布姫(柴本幸)を逃がそうとします。勘助は、由布姫に諏訪の姫であることを忘れひっそりと生きるように勧めます。諏訪御料人の由布姫は自害したことにして、実際には生かすという策略です。勘助としては、お舘様も裏切らず、由布姫

| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/04/30 15:08 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。