PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『明日の記憶』

この映画、観たいなと思っていたのですが、
精神状態がとても悪い時に公開されていて観れなかったので、
TV放映を楽しみにしていました。
のに、危うく録画を忘れるとこでした。
1分前に気づいて、慌てて録画ボタンを押しました。危ない危ない。

この作品もそうですが、最近、
若年性アルツハイマーを題材にした作品が、増えたような気がします。
一線で働いていた働き盛りのサラリーマンが、
突然アルツハイマーを告げられるのって、どれほどの衝撃だろう。
今まで当たり前にできていた日常の様々な所作が、
できなくなっていくのって、どんなに不安なんだろう。
自分が大切に想っている人達のことが、
いつか分からなくなってしまう恐怖って・・・。

胸が痛い、心が締め付けられるような映画でした。
でも、他人事ではない。
いつか、自分の身内が、アルツハイマーになるかもしれない。
自分自身がなるかもしれない。

傷つくことも傷つけることも沢山あるだろうけど、
心の中に持つ優しさだけは、失わずに持っていたいよね。
どんな時も。誰に対しても。

敢えて言うまでもないですが、
主演の渡辺謙さんと取引先の香川照之さんの演技、最高でした。(^^)

-----
ランキングに参加しています。
投票(クリック↓)して下さると嬉しいです。(^^)
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| 映画 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まるこ姫さんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。(^^)
良い映画でしたよね。(^^)
渡辺謙さんは凄い役者ですよね。NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の演技が、20年たった今もなお、目に焼きついています。
香川照之のセリフは理想かもしれませんが、戦々恐々としている会社の中にあっても、ああいう思いやりが存在していて欲しいですよね。

| まりも | 2007/07/09 22:21 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、まりもさん
私も見ましたよ。
荻原浩の原作を映画化したものですが、小説が
どれほど再現されているか心配でしたけど、渡辺謙の
演技は、なるほどと思いました。
やはり米国進出するだけあって、存在感も演技力も
並外れたものがありました。
樋口可南子も素敵でしたね(^^)
香川照之の最後の言葉は泣かせましたね。。
厳しい人間ですが、情の分かる人でした。
アルツハイマーは、最後は人格までぼろぼろになる
病気ですから、それを考えると恐怖ですね。
自分がならないとは言えないし、他人事ではないです。

| まるこ姫 | 2007/07/08 17:22 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

こんばんは。
ご訪問、ありがとうございました。
テレビで少し見ました。
病気だけはどうにもできません。
私は大病し、奇跡的に助かり、車椅子です。
握力をなくしたので、家事一切できません。
家族がすべてで介助は夫。
とても人ごとと思えませんでした。
支えてくれる家族ってありがたいですね。

| まほ | 2007/07/10 20:47 | URL | ≫ EDIT

まほさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。(^^)
体調を崩していたため、返事が遅くなってしまってごめんなさい。
病気等、自分ではどうしようもないことってありますよね。私は障碍はありませんが、持病があるので、私も他人事とは思えずドラマを見ていました。
支えてくれる家族がいることって、幸せなことですよね。(^^)

| まりも | 2007/07/16 21:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/236-76dd1148

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。