PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

避けられない痛み

気がついたら1週間もブログを更新していませんでした。m(_ _)m

16日の火曜日に、
私が所属するNPOに常連のように相談の電話をかけてきてくれていた子が、
自ら命を絶ってしまいました。

そういうこともありうる・・・そういう覚悟を持って相談員をしているのですが、
やっぱり堪えます。
本気で死のうとしている人間を、止めることなんて不可能だと分かってはいても、
自分の対応が悪かったのではないかと、どうしても考えてしまいます。
頭で理解していることと、感情とは、全然別ものですよね。

こういう衝撃を受ける度に、カウンセラーって凄いなと思います。
私は職業といじめ相談は別だけど、
カウンセラーは何かがあった翌日も、
同じような相談にくるクライアントに接しなければならないのですよね。
いじめ相談もそれは同じですが、組織に入っていて代わりを頼めるので、
立て直す時間は取れます。

私は昨日も今日も会社を休んでいません。
会社の人の前では平静を装わなきゃって思い過ぎて、
今日、「元気良いね」って2回も言われてしまったけど(苦笑)、
仕事中でも、通勤途中でも、
フッと気が抜けた時に涙が止まらなくなってしまいます。
事情を知っている人には「ゆっくり休んで」ってよく言われるけれど、
今は休むのが怖いです。
考えられる時間を作ってしまうと、ネガティブに暴走してしまうから。

クライアントを離れた所から見ることができず、
荷物を同じように背負ってしまう私は、カウンセラーには向いていません。
だから、職業にはしないけど・・・
でも実際にいじめに苦しんでいる子供や大人が大勢いるのに、
何もしないことなんてできません。
「学校にも家にも居場所が無い。友達もいない。」って訴えてくる子は、
みんなかつての私の分身に思えて、
何とかしたい、幸せになって欲しいって切に思います。
無力さが辛い。

-----
【こどもたちへ】

自分が死んでも悲しむ人なんていないって、かつて私も思っていたけれど、
絶対にそんなことはない。
そう言いながら亡くなった私の友達の周りの人は、私も含めて、
20年経った今も痛みを抱えているよ。

あなたにだって、誰にだって、良いところがあって、
それを大切にしていけば、
あなたを好きだと言ってくれる人が、絶対に現れる。

今、地獄のような所にいて、
この苦しみから逃れるには死ぬしかないって思えても、
抜け出す道は必ずあるから、諦めないで、一緒に探そう。

あなたは、幸せになる権利がある。
絶対に、幸せになれる。
かつて、そんなこと信じられなかった私だけど、
今は(幸せだなぁ)って感じることもあるんだよ。そうなれるんだよ。
そうなる前に死んでしまうのは悔し過ぎる。

生きよう

-----
【相談員のみんなへ】

泥沼から引っ張り出したいと本気で手を伸ばしていた相手が手を放してしまったら、
どうして握り続けていられなかったかと、責めてしまうよね。

亡くなった知らせを聞いた翌日、
会社で私が「動揺しているようでは相談員失格だ」と言ったら、
会社の人がとても勇気づけられる言葉をくれました。
「悲しんだり苦しんだりしないのも、相談員失格」って。
ほんとにそうだよね。

痛みは、明日に生かそう。
自分を責めるんじゃなくて、
対処方法で悪い所が無かったか、冷静に考えて改善しようね。

-----
最後に、願いを込めて、大好きなこの曲を添付します。
クリック←して聴いてみて下さい。
この世の全ての生きものが、みんな幸せになりますように。

| ニュース | 23:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まりもさんはホントに頑張ってますね。最近は自分さえよければ他人はお構いなしという考えをする人が多い!また、困ってる人を見ても見ぬふりをしている人もいますし。
子供たちも大変な時代ですね。ネットやメール内でもいじめの対象になってしまってるし。いじめる側も結局は心が傷ついているのでしょう。とは言え弱いものいじめをして良い事にはならない。
悩んでる子も一人で考えこまず、誰でも良いので気軽に話せる人が、そばにいれば良いのだろうが・・・。            まりもさん。色々と大変だと思います。ただ、あまり無理したり自分を責めたりしないでくださいね。(何も詳しい事がわからない私が軽々しく言えませんが。)

| おもちゃの携帯 | 2007/10/19 12:20 | URL | ≫ EDIT

今日は、会を代表しての弔問、お疲れ様でした。
先日は失礼なことを言ってごめんなさい。まりもさんも傷ついてることを、ブログを読んでやっと分かりました。寝込むこともなく翌日も平気で日常生活を送っているのを見て、まりもさんは周りの人が自殺した経験が何度かあるから、強いんだと勝手に思ってしまいました。本当にごめんなさい。
まりもさんの会社の人の言葉、私も勇気がでました。

| リサ | 2007/10/19 17:09 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます(^^)

★おもちゃの携帯さんへ★
無理をすることでしか自分の精神を支えていられないというのが正直なところです。仕事があって良かった。やることがあれば、それをやらねばと思っている間は、他の事をなるべく考えないようにできるから。でも、休日に入ってしまって、途方にくれています。
頑張ってはいけない時に尚更頑張ってしまい、自分を追い込んで、結局倒れてしまうんですよね、私って。これも一種の自分いじめだなぁ。(+_+)
★リサさんへ★
人は決して外見だけで判断してはならないと私は思います。明るく振舞っている人も、深い悩みを抱えているかもしれない。お気楽に生きているように見える人も、壮絶な人生を歩んできたかもしれない。
人を亡くして傷つかない人間なんていません。自殺という事実は、何度突きつけられても平気になんて決してなれません。寝込む人だけが傷ついている訳じゃない。寝込む人が弱くて、日常を送っている人が強いという訳でもない。各自、それぞれ。ただそれだけ。
言葉、勇気づけられるでしょ。(^_-) 私ひとりの胸におさめておくのはもったいないなぁと思って、日記に書きました。

| まりも | 2007/10/20 00:27 | URL | ≫ EDIT

まりもさん、こんばんは。
死なないで・・って祈るような気持ちで話を聞いていても、そういう残念な結果になってしまったら、それはずごく落ち込んでしまうと思います。
辛かったですね。
きっとカウンセラーも同じだと思います。
もっと話を聞くということに専門的だけで、同じように心には大きなダメージを、そして助けることが出来なかったという落ち込みが付きまとうと思います。
私の相方は、産業カウンセラー(といっても心理カウンセラーみたいなもの)の資格を持っていていますが、同じ立場に立ったらきっと自信無くすんじゃないかなぁ。
あ、今は全然違う仕事してますし、本人曰くカウンセラーは向いてないそうです。
まりもさんに話を聞いてもらって、すごく嬉しかった子、ほっとした子、たくさんいると思います。
そういう人たちの側にそっといつまでもいてあげて欲しいです。
なんか上手くいえなくてごめんなさいね。

| たんちゃん | 2007/10/21 23:17 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます(^^)

★たんちゃんさんへ★
私も一応カウンセラーの資格を持っていますが、向いていません。(^^;
職業にしたら、自殺という事実を突きつけられてショックを受けても、翌日のクライアントを断るわけにはいかないですよね。よっぽどうまく自分をコントロールできなきゃ、なれないですよね。
私は、トラウマのせいで、相談員をしていても、会社の仕事をしていても、自分が役に立ててるのか、自信が全く無いけれど・・・でも、自分のしていることが、少しでも誰かに届くように、それを願って、生きていこうと思います。
ありがとう。(^^)

| まりも | 2007/10/22 22:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/290-e70f3c07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。