PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「コード・ブルー」 第9話

ミスチルの主題歌「HANABI」が、
寒気がするくらいドラマにぴったりだと、今回は特にそう感じました。

-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

-----
ネタバレありなので隠します。


自分の行動や言動が、取り返しのつかない事態を招いてしまう事がある。
誰かの、大切なものを奪ってしまうこともある。
人生や、命さえも。

もし、自分じゃなかったら、避けられたんじゃないか?
自分以外の誰かだったら、救えたんじゃないか?
いじめ相談のクライアントを救えなかった時の自分と重なって、
もの凄く重いものを飲み込むような気持ちで、第9話を見ました。

「私はここに来てはいけなかった」と叫ぶ白石の気持ちが、
突き刺さるくらいよく分かります。
でも、それを乗り越えることができなければ、
医師にも、カウンセラーにもなれない。
犯してしまった失敗を、心に刻んで生きるしかない。

「苦しいのはお前だけじゃない」
「私が同じ立場でも同じ行動をしていた」
・・・それらの言葉が、心にどんなに虚しく、悲しく響くことか。
でもその空虚さ以上に、
そう言ってくれる仲間の存在が、どれだけ助けになるか。

人生には、考えられないようなことが、起こるものかもしれない。
誰かの(自分も含め)せいにすることなく、
事実だけを受け止め、
その時できることを、できる範囲でやっていくしかない。

理屈では分かっていても、
後悔の重さを乗り越えていくのは、
できていた事ができなくなった事実を受け入れるのは、
大変なことだよね。

のめり込み過ぎて、まだ胸が苦しいです。

| TV番組 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんちはv-22
これから心理カウンセラーを生業としようとしている
うつをにとっては、大変示唆に富んだ回でした。
そして未だに消化しきれずにいます。
黒田先生の「お前らと出会わなければよかったな…」は
嘘偽りの無い本音ですね。
そんな本音に出会わない様にするにはどうすれば良いのか、
出会ったらどうすれば良いのか、
うつをに突きつけられた課題ですね。
また、遊びに来ますね。

| うつを | 2008/08/31 16:42 | URL | ≫ EDIT

うつをさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。(^^)
自分ができる限界を知ることが、いかに大切かですよね。
(相談を受けたのが私じゃなかったら、
 この子は死を選ばなかったかもしれない)
ただの後悔で終わらせないためには、
他の相談員の助言を求める判断のポイントはどこにあったのかを
真剣に考え、次に生かす。
うつをさんの問いに対する私なりの答えです。
同じ事を繰り返す恐怖に怯えている間も、
次から次へとクライアントは現れるし、
怖いからと言って、それを拒否することはできないから。(^_-)

| まりも | 2008/09/04 09:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/455-54231dc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。