PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「働くゴン!」

子育てをしながら働くことは、なんて大変なことなんだろう。
ドラマを見るまでも無く、一緒に働いている人たちを見て、
いつも私は頭が下がる思いでいます。

子育ては、アフターファイブにやればいいというものではない。
働いている時間にも、子供が親を求めることって沢山ありますよね。
でも、働いていると、子供を優先できないこともある。
ドラマのように、「女はいいよなぁ」と理不尽な嫌味を言われることもある。

子供は、母親だけが育てている訳ではない。
父親はもちろん、家族や、社会全体で、子供を育てているのですよね。
子供が親を必要とした時に、
親が気兼ねせずに仕事を抜け出せるような、
そんな環境を作れたらいいのになって、ドラマを見ていて思いました。

お母さんが子供のために時間を使えるように、
いざという時、私が仕事を引き受けられるようになれば、
親にはなれない私でも、少しは子育てに役立つことができるのかな。
そう思ったら、なんか勇気が出てきました。
仕事がんばろ。(^^;

いて欲しい時に、親が傍にいてくれること。
いて欲しい時に、親が傍にいられないこと。
どちらが良いとか悪いとかじゃなくて、
親の愛情が真摯なものであれば、どちらでも子供は学べるのだと思います。

いてあげたいけれど仕事に行かなければならない親の気持ち。
「行かないで」って言いたいけれど引き止めてはいけないと分かっている
子供の気持ち。
双方の気持ちが心に響いて、涙が溢れました。

「それが何か」って懐かしいセリフ。(^^)
以前やっていた『ハケンの品格』というドラマ、大好きでした。

どんな仕事でも、信念を持ってやっていきたいです。


-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| ドラマ | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/565-ac250cba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。