PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心の傷は目に見えない

「苦しい」と口にしている人だけが、苦しんでいる訳ではない。
辛そうにしている人だけが、辛い思いをしているのではない。

日常生活をちゃんと送ったり、笑っていたって、
心の奥で苦しんでいたり、
辛そうに見える人よりももっと、辛い思いをしていることだってあるんだよ。

だから、人は決して見た目で判断してはいけない。

---
心に同じような衝撃を受けても、
人によって、受け止め方は様々。

ショックで寝込んでしまう人もいれば、
傷ついても、日常生活を送れる人もいる。

どっちが良いとか悪いとかじゃない。
人それぞれで、当たり前なんだよ。
自分なりの方法で、自分なりの時間をかけて、受け止めればいい。

---
「弱い」と「強い」
相反する言葉を、先週言われました。

体調を崩してしまったことに対して、「弱い」と。

次々と起こったいろいろな事を知っている友達に、
日常生活を送っている事に対し、「強い」と。

私は、大切な人の死を、多分、同年代の人より多く、経験しています。
だからちょっとだけ、人より冷静に受け止められるのかもしれない。
苦しんでいても、日常生活に戻れるのかもしれない。

比べて、自分は駄目だって、落ち込まなくていい。
弱くたって、強くたって、そんなのどっちでもいいじゃない。
だけど、自分を責めすぎないでね。
(「お前が言うか?」って言われそうだけど。(^^;)

| メッセージ | 00:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

強さ、弱さは、自分らしさですよね

>どっちが良いとか悪いとかじゃない。
>人それぞれで、当たり前なんだよ。

とても共感しました。
何に対してどれぐらい傷つくのかも、
人によって全然違うというのも
その通りだと思います。

私は自分自身を見て、
ここは強いぞって思うところ、
ここは弱いなって思うところがあります。
それは自分らしさであり、
自分の強さ、弱さを知ることは、
自分を知ることなのだと
思うようになりました。

ちなみに、「弱さ」について。
以前もコメントさせていただきましたが、
弱さって人間らしさなんだと
教わった経験が私にはあります。

人生いろいろなことがあるけれど、
自分を責めすぎずに生きていきたいですね。

| 鈴っぴ | 2010/01/19 08:17 | URL | ≫ EDIT

脚本家・野島伸司は聖者の行進で
「強くなるということは鈍くなるということなんです
痛みに鈍感になるということなんです
自分の痛みに鈍感になると、人の痛みにも鈍感になる
自分が強いと錯覚した人間は他人を攻撃する
痛みに鈍感になり優しさを失う」
と老弁護士(いかりや長介)にいわせました。

ここの強さ弱さは感受性の問題だと思いますが、
弱い人間ほど他人の痛みを理解し、優しくなれる。

そういう意味で私は弱くてもいいと思ってますし、
まりもさんはすごく優しい方だと思います。

| 風の旅人 | 2010/01/19 09:22 | URL | ≫ EDIT

本当に心の傷は見えませんね…

こんばんは。

 本当に心の傷は見えませんね。
 個人的には、
 人のことを簡単に、
 「強い」「弱い」
 などという表現で断定したくないです。

 あまり多用したくない言葉の一つです…。

| あゆざかけい | 2010/01/19 22:14 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます(^^)

v-22鈴っぴさんへv-22
こんばんは。(^^)
強さがなければ、行動力は生まれない。
弱さがなければ、思いやりの心は育たない。
どちらも重要なことで、
それぞれの度合いの違いが、仰る通り“その人らしさ”なんですよね。
私もそう思います。


v-22風の旅人さんへv-22
こんばんは。(^^)
「聖者の行進」のそのシーンを見て、
私は自分が強くなれない理由を納得しました。
(人の痛みを分かりたい)って、強く願っている人間が、
痛みに鈍感になんてなれっこないですよね。(^^;

頭の中にシーンが蘇りました。(^^)
長さんは、凄い役者でしたよね。。。(涙)


v-22あゆざかけいさんへv-22
こんばんは。(^^)
私も、その言葉を人に向けて言いたくはありません。
その人が何を背負って生きているのか、
全てを知ることは不可能なのに、
一部だけを見て強いか弱いかなんて、判断できないですよね。

| まりも | 2010/01/20 23:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/628-6ececbf4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。