PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「それでも、生きてゆく」 最終話

「悲しみの、向こう側」

人生は、悲しいくらいに、選べない。
何で私が、どうして僕が、こんな目に遭わなければならない?
そう思うことが、生きていると沢山ある。

苦しくて苦しくて、終わりにしたいくらい苦しくて。
それでも私たちは、生きていかなければならない。
そういう定めを背負って、私たちは生まれてきたのだから。

じゃあどうやって生きていけばいいのか?
その答えを、このドラマは最後に示してくれたと思います。


恨んだって、尚更苦しくなるだけ。
嘆いてるばかりじゃ、前には進めない。

置かれてしまった立場からは逃げられない。
ならば、その立ち位置の上で、私たちができることは何なのか。
それを真摯に考えた上での行動が、
洋貴の告白であり、双葉の決意なのだろうと思います。


前回、洋貴のこんな台詞がありました。
  逃げたら、悲しみだけが残る。
  悲しみを増やしたくなかったら、悲しいお話を書き足すしかないんだ。

このドラマを通して見た中で、1番心に残った言葉でした。

悲しいお話の続きで、笑顔でいられるには、どうしたらいいのか。
人生から逃げたいと本気で願った苦しみを体験した私は、
内容が違っても、現在苦しんでいる人が笑顔になるにはどうしたらいいのかを、
一生考え続ける人間でありたいです。


可能性は、ゼロじゃない。
人生を、あきらめないで。


-----
ランキングに参加しています。ポチッと投票お願いします。↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

| ドラマ | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/740-cda22066

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。