PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「八重の桜」 37話

「男は人前で泣くんじゃない」とよく言いますが、
生徒の前で涙を流しながら自らの想いを訴える新島襄を、
1人の生徒は「私は男らしいと思う」と評した。

私もそう思います。
国(=人々)を想い、生徒を想って発した襄の言葉と涙は、
現代を生きる私たちの胸も打ちますよね。

「己のために他人を排除する者を私は断固として許さない。」

そう言い切るのはとても勇気のいる台詞だと思います。
だからこそ、とても感動し、心に残りました。

人はみんないろんな思惑や価値観を持っているから、
集団になると葛藤が生まれます。
だけど、排除するのではなく、共に生きていけたらいいですよね。
なかなか難しいけれど。

| TV番組 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/755-51086ca3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。