PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学校に行くのが苦しいあなたへ

私も学生の時、長期休み明けがすごく憂鬱でした。
もうすぐ、学校に行かなければならない。
また、耐え続ける日々が始まる。
耐え続けられるだろうか。。。

私も、自殺を考えました。
未遂に終わって、今、生きています。

今、同じような心の重みを抱えている子供たちが、
いったいどのくらいいるだろうと想像すると、胸が潰れる思いです。

あの頃、私の居場所はありませんでした。
家庭は不和だった。学校では人格を否定されるようないじめを受け続けた。
私を必要とする人間なんてどこにもいないと思ってた。

でもね。

大人になったから、見えるようになったことがある。
信じられるようになったことがある。
それを、今辛い思いをしているあなたたちに伝えたくて、
私はいじめ相談員を続けてきました。

あの頃、生きていく場所が無いって思ってたけど、
知らなかっただけで、学校や家以外にも、居場所はあったんだ。
もし、あの時本当に私が死んだら、
心から悲しんでくれる人が、ちゃんといたんだ。

1番大事なのは、あなたの命を守ること。
あなたの心を守ること。

学校に行けないのなら、行かなくていい。
勇気を出して、学校に行くのが死ぬほど辛いって、親に話してごらん。
親が受け入れてくれなかったら、かわりに話してあげるから。

あなたは今まで充分頑張ってきたのだから、
自分を守ってくれるシェルターで、ゆっくり心を充電しよう。
心が充電できたら、また歩き出せるから大丈夫。

大人になったら、居場所は自分で作ることができるよ。
生き方を、自分で選ぶことができるよ。
辛いこともあるけど、嬉しいこともいっぱいあるよ。

今、死んでしまうのはもったいない。
あなたが生き続けていけるように、私達相談員も精一杯力を貸すから・・・

生きて。

| メッセージ | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stellarsky.blog51.fc2.com/tb.php/758-33046501

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。